アロハシャツの専門店WAKU・WAKU

www.waku2.com トップページへ戻る
     カートの中を確認する 


アロハシャツのことは【アロハシャツの専門店】にお任せください!
アロハシャツの問合わせ画像 アロハシャツの事なら私が即答画像 アロハシャツ一発解決ダイヤル画像


Q.アロハシャツって色んな生地があるじゃない?どう違うモンなの?


このページを作るきっかけになったメール

WAKUWAKU様。こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
アロハは超初心者の私ですが、もうすぐやってくる夏に向かって、そろそろアロハを買おうかと思っています。
めぼしい物はいくつかあったのですが、色んな生地がありますよね。
初心者なので、どう違うのか分からないのです。
どういう風に違うのか教えてください。
初めて選ぶときにオススメの素材とかってあるんですか?

1999/6/2 群馬県 O・Tさん Wrote


アロハシャツが初めてなんて人は意外に生地がいろいろあるってところで悩んじゃったりするらしいっすね。
確かに僕も昔を思い出せば、、、ふむふむ、その通り!何が違うんだって思ってたわ!
肌触りなんかは触って見りゃすぐに分かるんだけど、その特性だとか、管理方法だとか気になっちゃうよね。
じゃ、ここで、まとめてみますか!


● レーヨン RAYON ●
1.レーヨンはアロハの王道!

<長所>
なんてったてアロハらしい。
誰がなんてたってヒラヒラ風がはらんでアロハらしい。
発色がキレイ、、、というかアロハらしい味わいがある。
ツルっとした肌触りや、テロンとした雰囲気がアロハらしい。
もうしつこいと思うのでやめるけど、とにかくアロハらしい。

<短所>
水洗いすると縮む。
風が吹いていないとチョット暑い(通気性が悪い)。汗の吸い込みもイマイチか?
畳みにくい。テロンとしてるので折りづらい。
ヨレたように感じるのが早い。パリッといつまでも着るためにはクリーニングが必要。

<洗濯方法>
オススメはクリーニングか手洗い。ヨレた方が好きな人は洗濯機で問題なし。
詳しくは洗濯方法の解説ページへ

<シーズンオフの保管方法>
あまり気にしなくて良い。きちんと畳みタンスに入れよう。欲を言えば日の当たらない風通しの良い場所となるが、少ないでしょ?そう言うところ。(^。^;)


ほとんどの人がイメージするアロハってこのレーヨンです。
アロハ着ている人思い浮かべてください。風にヒラヒラなびくアロハ。パリッとしすぎないあの自由な感じ。
それって間違いなくレーヨンであるはずです。触ってみてもどことなくツルっとしてて、柔らかくて、拘束感が全然ない。まさにアロハ向けの素材なのであります。
希に天然素材だと思っている方がいらっしゃるんですが、人工的な繊維です。イギリスで1891年に開発されています。
アロハの歴史にも深く関わっていて、レーヨンが無ければアロハは生まれなかったといって過言ではないカモね。僕はそう思います。
長所のところで「アロハらしい」と連発していますが、まさにその通り。それ以上言うことはないって感じです。
短所では「縮む」って所がポイントかな?最初の洗濯でも結構縮みます。最終的に5〜10%くらいと考えてください。どうしても縮ませたくなければクリーニングか、気を使った手洗いをしてあげてください。
縮み方の特徴として縦に大きく、横に小さいと考えましょ!これは一般例で希に例外もあるんですが、生地の特性として単純に覚えちゃってください。
裁断の方向が90度変わっちゃうと、普通は縦に縮むのに、横に縮んじゃうって感じで覚えておけばOKです。バックパネルのシャツだと横方向が縮みやすいかな?特に後ろ側ね。前側は縦に縮む。良く古い写真とか見ると後ろだけ長かったりするのあるでしょ。あれはデザインだけでなくこういった特性でそうなっちゃったのね。前と、後ろの生地の取り方が90度違うってことね!複雑な解説になっちゃったかな?
レーヨンにも種類があって羽二重とかフジエットとか壁チリメンとか分類すると色々あるんですが、これは別の機会で紹介します。切りがなくなっちゃうんで。。。このあたりで。

結論・・・また言うけどアロハらしい!一枚は持っておかないとね!



● シルク SILK ●
2.天然の高級素材それはシルク!

<長所>
高級感があるよね。
肌触りがとにかく最高!!
実は大切に使うと割と長持ち!
持っているだけで満足感がある。
天然素材なのでアレルギー体質のお肌でも着れる。
日焼けとか、肌が痛いときに着ても痛くない!


<短所>
洗濯に気を使う。いや、他にもいろいろ気を使う。
虫食いに注意!!要注意!!!!
物によっては色落ちするので家庭で洗えない。(WAKUWAKUのは大丈夫!テスト済み)
作っているメーカーが少ない。つまり、あんまりいろいろ選べない。
高い。トゥ・エクスペンシブ!!

<洗濯方法>
オススメはクリーニングか手洗い。実は店長は洗濯機で洗ってる。意外に問題なし。
詳しくは洗濯方法の解説ページへ

<シーズンオフの保管方法>
虫食いだけは注意だね。風通しの良い日陰に保存できればベスト。防虫剤も入れときましょ!


高級感て言う意味ではこのシルクの右に出る物はないよね。実際その素材自体結構高いし、持っている満足度も高い!
基本的に作ってるメーカー自体が少なくて、コンスタントに作っているのはAVANTI FASHIONだけだね。
実は歴史的にもあまり数多く存在しない。いわゆるファクトリー物は本当に少ないです。
基本的にデリケートな素材ってこともあるし、アロハとしてはどうなのか?という疑問がつきまとう、アロハ界では不遇の存在と言っていいかも知れない。
ちなみにAVANTI物はかなり薄いシルクで作られています。歴史上存在する、厚手で高級感ありまくりの物とは別物と考えましょ!
それから、余談かも知れませんが、WAKUWAKUのお客様から報告があった『イイコト』。
サーファーの人ってウエット着るじゃない。そうすっと首が擦れて痛いじゃない。そんなときコットンのアロハだと痛いじゃない。だけどシルクは全然痛くないんだよね〜!やめられませんよ〜!他の着れませんよ〜!って事でした。
もう一人。こちらは海に行ったんだって、普段日焼けしない人だから日焼けした後痛いじゃない。特に洋服着ると痛いじゃない。まいったなぁ、と思ってシルク着たら、こりゃビックリ痛くない。海行くときはシルクですよ〜!ってな報告も頂きました。
2件ともチョット目からウロコ状態だったね!

結論・・・日焼け、ウエット擦れの痛みに一枚!高級感でもう一枚!



● コットン COTTON ●
3.手軽で気軽なアロハ素材!やっぱコットンも良い!

<長所>
洗濯とか、使い方とか気にしなくても大丈夫!
汗の吸い込みが良い!素肌に着るのも気持ちイイ!
丈夫なんでどこにでも着ていける。多少暴れても大丈夫 (^。^;)
シルクなどと同じ縫製でも、その縫い目の耐久性がすこぶる高い。
安価なので色んな柄が出回っている。いろいろ楽しめる。裏地とか、ボタンダウンとか、本当に色んなのがある!
パリッと着ることも可能なので会社にも着ていける?!
天然素材なのでアレルギーがあっても大丈夫!!


<短所>
水洗いすると縮む。
チープな印象がある。
使い込むと色落ちする。(これは長所と取る人もいるかも)
マニアックな柄が少ない。ヴィンテージレプリカは特に少ない。

<洗濯方法>
特に高価なモノや、絶対パリッと着たい人でなければ、洗濯機で問題なし!
詳しくは洗濯方法の解説ページへ

<シーズンオフの保管方法>
あまり気にしなくて良い。シワにならないようにきちんと畳みタンスに入れよう。


コットンてさ、何にでも使われてるじゃない。Tシャツもそうだし、ワイシャツもそうだし、上げだしたらキリがないんでサッサと打ち切っちゃうけど、パンツ系含めもうコットンの洋服持っていない人って少ないでしょ?っていうかいないでしょ?
これって、コットンはとっても便利な素材である事の証明なんだよね。
一応長所、短所って分けたけど、短所探す方が難しかったよ。
ま、でも短所で気にして置いた方がイイのは、縮むって事ね。縮みにくいコットンなんてのも実はあるんだけど、最終的にはコットン100%である限り多少なりとも縮みます(5%目安にしてください)。
他はもうほとんど長所だよね。レーヨンに次ぐアロハを代表する素材・・・いや、実際に作られている数だけで比較すればレーヨン以上カモね。
あまり気にせず、スカッと気軽に着てやってください!洗濯も保存も気にしなくて良し!
え?ホントかって疑うの?じゃぁ、あんたTシャツ洗うときや、Gパンタンスに入れるとき何か気ぃ使ってる?・・・ね、そういうことよ!

結論・・・一枚あるとかなり便利!選ぶのが楽しい!実はこだわってこれしか着ないマニアもいるらしい。



● コットン&ポリエステル COTTON&POLY ●
4.イイとこ取りでコットン&ポリ!

<長所>
コットンより縮まない!
コットンより更に丈夫!
ポリエステルより汗を吸う!
ポリエステルより風を通す!


<短所>
ポリエステルより縮む。
ポリエステルより少し弱い(生地にもよる)。
コットンよりも汗を吸わない。
コットンより風を通さない。

<洗濯方法>
特に高価なモノや、絶対パリッと着たい人でなければ、洗濯機で問題なし!
詳しくは洗濯方法の解説ページへ

<シーズンオフの保管方法>
あまり気にしなくて良い。シワにならないようにきちんと畳みタンスに入れよう。


読んで字のごとく、コットンとポリエステルを混ぜて作ったのがコットン&ポリ。
基本的にお互いの長所を融合させようって事で生まれてるよね。
ま、ということはそれぞれの欠点も受け継いじゃうワケなんだけど、そこはなかなかどうして、上手い配分てのがありましてね。欠点はあまり感じさせなく仕上がっているのが一般的です。さすがだね。現代文明。
確かに着ていても何にも不満のない素材です。一切不満ありません。フィーリングとしてはコットン100%に近いモノが多いしね。侮れない素材です。
あくまで実用的な存在ではあるけど、絶対バカにしては行けません。一着ぐらいはGETして確かめておきましょう!

結論・・・それぞれの欠点よりも長所の方が良く出ている。実用面で侮れない。



● ポリエステル POLY ●
5.安くて丈夫が取り柄のポリエステル

<長所>
安い!丈夫!そりゃもうものすごい丈夫!
色落ちなんて全然しない。
縮まない。感覚的には全く縮まない。
発色がキレイなので、細かいプリントの演出が可能!
極端に言えばどんな色でも作ることができる!
濡れてもすぐ乾く!夏場は洗濯後10分も太陽にさらせば着て出掛けられる。ウソじゃない。
シルクと同じで日焼け後に優しい肌触り!
意外にマニアックな柄が多い!マジでビックリするヤツが出てくるのがポリエステルなのです。


<短所>
とにかく風を通さない。
全く汗を吸わない。
状況によってはサウナスーツぐらい蒸す。
日焼け後に優しいけど、着続けてると暑苦しくなる。
安っぽく感じる。実際安い(これは長所?)

<洗濯方法>
特に高価なモノや、絶対パリッと着たい人でなければ、洗濯機で問題なし!
詳しくは洗濯方法の解説ページへ

<シーズンオフの保管方法>
あまり気にしなくて良い。極端にクシャクシャのまま圧力かけると折りジワが取れなくなるので、シワにならないようにきちんと畳みタンスに入れよう。


ポリエステルはまさに科学の申し子です。昔学校の授業でさ、身の回りにあるモノのほとんどは石油からできてるなんて話が出たじゃない。まさにポリエステルはその代名詞かも知れない。
チョット安っぽい印象は拭えないんだけど、その丈夫さ、気軽さは買えるよね。だいいち、繊維の世界に革命を起こしたことがある素材なんだから実は世の中に貢献してきた度合いは大したモンです。尊敬に値します。
長所と短所は書いたとおり。どちらかと言えば短所が目立っちゃう素材なんだけど、古着からビックリするような一枚が出てきたりもする。
ヴィンテージが数少なくなってきたので、何年か後にはかなり多くのポリエステル物がヴィンテージとして値段が付いてくるのではないでしょうか?
実際結構目にする機会も増えてきたしね。

結論・・・安っぽく見えるけど、実際安いから文句は言っちゃいけない。



●結論!初めて買うならレーヨンかコットン!!!●
5.素材に関する結論

さて、素材に関して分かってもらえました?
それぞれに良いところ、悪いところあるんですよ。
生地の折り方なんかで分類していけば、もっともっと細分化されちゃうし、、、ま、人間と同じですね。十人十色ですわ!
ま、それぞれの良いところにとにかく注目して、自分にとって一番イイ物は何なのか、何が一番あっているのか決めていった方がイイね。
ただね、最初に素材決めちゃうのはどうかな?って思うよ。アロハの命は柄なんだから、素材に縛られちゃいけないとも思うのです。
レーヨンが好きなんだ、コットンが好きなんだ、って思っておくぐらいにして、その中に自分の気に入った柄が見つからなかったら他の素材もチェックするぐらいの気持ちは必要では無かろうか?
ま、あえて初めての方に奨めるなら、アロハの本当の良さを知ってもらいたいって事でレーヨンですね。作りもイイ物が多いし、値段なりの満足感て言うモノがあるんだよね。ヴィンテージの時代から脈々と続くアロハスピリッツを実感して欲しいのです。そしてもっともっとアロハのことが好きになって欲しいと思います。そう言った魅力がレーヨンにはあると僕は思います。
あと、コットンね、コットン&ポリでもイイかな?このあたりなら気軽に着れるし、お値段も手軽でしょ。その割にはイイ作りのモノがあるし。。。エントリー・モデルとしてはアリですよね。
ここから入って、後は自分なりにこれが好きだとか、これにこだわろうとか、そう言った個性を出していくと楽しいと思うな!



アロハシャツの素材『ちょっと得するお話』

1.コットンでタオル代わり・・・汗を吸いますからね。Tシャツと一緒です。汗をかいたらアロハで拭って、水がかかったらアロハで拭いて、そんな使い方もOK!お客さんに教えてもらったんだ!

2.ボロになったらパッチワーク!・・・ハワイアンキルトでもイイし、普通のパッチワークや、ちょっとした小物でもイイ。手作りのモノをアロハがボロになったら作ってあげてください。ま、その時にはコットンかレーヨンかコットン&ポリでしょうね。長い目で見るとこのへんが得なのか?ま、人によるんですけどね。やらない人には関係ない話だから。

3.他の混合素材はどんなモン?・・・レーヨンとコットンとか、レーヨンとポリとか、コットン&ポリ以外にも色々な素材はあるんですよね。混合率だって色々あるから本当は分類しなけりゃいけないんだろうけど、基本的に今出回っている素材はそれぞれの良いところを生かしてあります。ここまで解説してきた内容で想像しちゃって大丈夫!タグ見て考えてみよう!




★WAKU・WAKUでのお買い物に関して★

アロハシャツ送料無料ロゴ アロハシャツカード支払いロゴアロハシャツVISAカード支払いロゴアロハシャツMASTERカード支払いロゴアロハシャツJCB支払いロゴアロハシャツDINERSカード支払いロゴアロハシャツAMEX支払いロゴ

アロハシャツの出荷予定アロハシャツの出荷予定
15:00までのご注文はならば…基本的にご注文の翌日出荷で、1週間以内にお届けとなります(定休日は出荷業務はお休みです)
到着日のご指定は可能な限り5日以上の余裕を持ってご指定ください。
特別にお急ぎの方は 090-8512-1933 等にご連絡をいただきご相談下さい。365日即納対応全力を尽くします!
基本的にはお日にち指定を入れない方が早くお手元に届くシステムになっています♪


アロハシャツの返品・交換に関してアロハシャツの返品・交換に関して
お届けから7日以内にご連絡をいただければ、理由のいかんを問わずご返品・交換ともに喜んでお受けいたします!どうぞまずは気軽に「試着する気分」でご注文下さい!そのアロハシャツを買うか?買わないか?は試着してから決めちゃえばいい事ですよ♪ただしお受け取りから7日を越えた場合は返品・交換ともにお受けできませんのでご注意下さい。不良品の場合の送料はWAKU・WAKUで負担いたします。サイズ違い、イメージ違いの場合の返送送料はお客様でご負担お願い申し上げます(交換の場合こちらから再度お送りする送料はWAKU・WAKUの負担=無料となりますのでご安心ください!)。

アロハシャツ屋の個人情報保護法に関する記載個人情報保護法に関する表記
WAKU・WAKUにご提供いただきましたお客様の個人情報に関しては、商品の出荷、配送に関する手配・ご連絡、弊店からのご案内以外の用途には一切使用する事はございません。またいただいた情報の漏えいなども一切無いように責任を持って全力で保全に努めております。というか【命に代えてでもあなたの個人情報はお守りする事をお約束します!】どうぞご安心の上WAKU・WAKUでのお買い物をお楽しみください。


【アロハシャツの専門店WAKU・WAKU】
は1997年創業の
日本最古のアロハシャツ専門店です!

ALOHA!

アロハシャツの専門店WAKU・WAKUは私・遠藤雅之が責任を持って運営しております。お客様個人情報の完全保護はもちろん、全てのお客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるように努力しております。お見せするほどの顔ではありませんが、顔が見えないインターネット通販への不安をこれで少しでも取り除いていただけるならばと思い、画面上より皆様へご挨拶させていただきます。どうぞWAKU・WAKUで安心のインターネット通販をお楽しみください!そして素晴らしいアロハライフを!!

MAHALO&ALOHA



★アロハシャツの専門店WAKU・WAKU★
店主 遠藤雅之
205-0017 東京都羽村市羽西2-9-7
TEL&FAX 050-1281-2812
店長直通携帯 090-8512-1933 (365日24時間受付)

★ご注文お問い合わせなど受付業務★



アロハシャツのご注文はショッピングカートからショッピングカートからのご注文受付
365日24時間いつでも受け付けております。

アロハシャツのご注文のお電話インフォお電話からのご注文 050-1281-2812
通常は留守番電話が対応いたします。応答メッセージの後にお名前、お電話番号、簡単なご用件を録音してください(特にお電話番号はユックリ・ハッキリとお願い申し上げます)。店主の手が空き次第折り返しこちらからご連絡申し上げます。もちろん店主在店中で手が空いている場合は留守番電話をカットし直接お受けしております。

アロハシャツ屋店長の携帯電話番号アロハシャツのお問い合わせオススメロゴ 店長直通のお問い合わせ&ご注文
 090-8512-1933


緊急のご用事は当たり前のこととして、アロハシャツに対する疑問、質問、ご注文,,,いつ何時でもどんなことでもお気軽にお電話してください♪運転中、会議中、食事中などを除き店長が直接対応させていただきます!お問い合わせ、ご注文など何でも365日24時間遠慮なくどうぞです!

アロハシャツのご注文FAXインフォFAX受付 050-1281-2812
365日24時間いつでも受け付けております!

アロハシャツ屋のe-mailアドレスE-mail受付 aloha@waku2.com
365日24時間いつでも受け付けております!

★全てのお返事について★
E-mail、留守番電話、FAXいずれの場合も24時間以内を基本にお返事を差し上げますが、定休前日、定休日、及び店主外出日に関しましてはこの限りではありませんことご了承ください。

★定休日のご案内★
WAKU・WAKUは、毎週土、日曜日・祝祭日が定休日です。
この期間中に頂きましたメール・お電話・FAXへのお返事、ならびにご注文の出荷などは
全て定休日明け以降となりますので御了承ください。

www.waku2.com  トップページへ戻る e-mail:aloha@waku2.com


当サイト内の全ての文章、画像等の著作権は全てアロハシャツ専門店WAKU・WAKUが有しますが・・・・・
使いたい部分があれば適当に使っちゃってください(笑)
その代り使った場合は
http://www.waku2.com/ へのバックリンクを必ず張ってくださいね<(_ _)>

アロハシャツのことなら【アロハシャツの専門店 WAKU・WAKU】